学校案内

永田小学校開校140年(明治7年~平成26年)の歴史

天明の時代:天正寺で寺子屋教育が始まる
明治7年:天正寺の寺子屋を校舎に彰義(しょうぎ)学校を開校

明治8年:穴田地区に盛徳(せいとく)学校が開校
明治12年:西組支校が開校
明治13年:彰義学校は永江学校に、盛徳学校は穴田学校に改名
明治14年:西組支校が梨久保支校と親川支校に分かれる
明治22年:永江村と穴田村が合併し、永田村となる。
     高野辰之博士が永江学校の教員になる
明治24年:梨久保支校と親川支校が合併し、永江小学校日陰分教所となる
明治25年:永江尋常小学校、穴田尋常小学校に改名
大正3年:永江小学校日陰分教所が西分教所に改名
大正7年:永江尋常小学校と穴田尋常小学校が合併し永田尋常高等小学校となる

昭和22年:永田尋常高等小学校は永田小学校に、西分教所は西分校に改名

昭和31年:永田村と豊井村が合併。豊田村立永田小学校となる
昭和39年:校歌(詞:傳田青磁、曲:月岡弘一)制定
昭和56年:西分校をやめ、永田小学校を新校舎に建て替える


平成17年:豊田村が中野市と合併。中野市立永田小学校に改名